Learns Happily

元劇団四季団員等の経験と実績のある講師がさいたま市でバレエを指導します

お問い合わせはこちら

講師紹介

全5名のインストラクターが在籍しています 

STAFF

生徒様の指導にあたるインストラクターを紹介いたします 

インストラクターは6名在籍しており、さいたま市の生徒様のバレエ・ダンスレッスン指導に当たっています。それぞれが豊富な経験や実績を持ち、現在も現役でダンサーやコレオグラファーとして活躍している精鋭揃いです。これまでの国内外でのあらゆる経験を活かしながら、生徒様一人ひとりの個性や潜在力を引き出せる指導を心掛けています。レッスンを通して踊ることの楽しさをお伝えしつつ、技術力を向上させるための指導にも徹しています。


Ballet Instructor

嶺岸 葵

嶺岸 葵

あおい先生

経歴
5歳より仙台シティバレエ研究所にてバレエを始め、東京シティバレエ団金井利久に師事。宮城県芸術協会主催芸術の森フェスティバルに振付、出演。現在、国際バレエアカデミア団員。スポーツクラブやバレエ教室でも子どもから大人まで幅広い層の指導で活躍中。当教室では、バレエシューズクラス・トウシューズクラスを担当。

閉じる

芝田 朝子

芝田 朝子

あさこ先生

経歴
4歳よりミカバレエスタジオにてバレエを始める。2004年、NBAバレエ学校へ入学。2008年NBAバレエ団入団。2012年同団を退団。 現在チ ャコットのバレエ教室を軸に、子どもクラスを指導。 当教室では、大人クラス・子どもバレエシューズクラスを担当。

閉じる

安達 洸

安達 洸

ほのか先生

紹介文
3歳からクラシックバレエをはじめる。
7歳から芳賀バレエアカデミーにて芳賀のぞみに師事。
11歳から菊地人美バレエスタジオにて菊地人美、十文字康伸に師事。
2013年より東京シティバレエ団付属バレエ学校、
ティアラこうとうジュニアバレエ団にそれぞれ最上級クラスに入所。
2016年より東京シティバレエ団 特待生を経て、
2018年NBAバレエ団スタジオカンパニーメンバーとして入団。
2019年アプレンティスに昇格、2020年アーティストに昇格。
・第1回東京シティバレエ団全国バレエコンペティション(ジュニアA)第2位
ドイツ・ミュンヘンバレエスクール サマースクールスカラシップ
・第4回東京シティバレエ団全国バレエコンペティション(シニア)第3位
アジアバレエエージェンシー賞(中国国立上海バレエ団研修ツアースカラシップ)
・第3回東京シティバレエ団付属バレエ学校 「パキータ」にて主演。
・イタリア アテネロデッラダンツァ サマーインテンシブスカラシップ
当教室では、水曜日17時クラスなど初心者~小学生までのクラスを担当。

閉じる

岸 紗也香

岸 紗也香

さやか先生

経歴
6歳からクラシックバレエを始める。
オールジャパンバレエユニオンコンクール児童Ⅱ 第3位
第38回埼玉全国舞踊コンクール入賞
ユースアメリカグランプリ2007日本予選TOP12 NYファイナル出場
ユースアメリカグランプリ2008NYファイナル本選TOP12
第3回バレエコンクールin東京 第6位入賞
第66回全国全国舞踊コンクール 入賞6位
第11回NBA全国バレエコンクール 優秀賞受賞
American Ballet Theaterスタジオカンパニーへ入団
退団後帰国。怪我をしたこともあり、
バレエ解剖学の理論に沿ったスタイルで
幼児からシニアまで幅広い世代の指導にあたっている。
当教室では、月曜日、日曜日のバリエーションクラスを担当。

閉じる

渡邊 寛子

渡邊 寛子

ひろこ先生

経歴
3歳よりクラシックバレエを習い、2001年四国コンクール6位受賞をきっかけに数々のコンクールで入賞。オーストリアやドイツへの留学を経て、NBAバレエ団へ入団。現在NBAバレエ団正団員。当教室では、バレエシューズクラス・トゥシューズクラスを担当。

閉じる

天沼 沙織

天沼 沙織

さおり先生

紹介文
大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。卒業後は、広告代理店営業からレコード会社宣伝業務をこなしたのち退職。現在は大学生、中学生の2人の子供を持つ母。2005年に体育館でバレエサークルを始め、15年前に北与野教室に移ってから、大人クラスも開講した為、それを機にバレエを始める。細い先生には程遠いが、子供好きのため、幼児、初心者のみを対象に数年前よりクラスも受け持つ。
2022年3月「健康マスター」エキスパートコース取得

現在、大人ストレッチサークル、月曜 柔軟筋トレ、F4、S10、S11クラス担当
Learns Happily代表
※写真は教室のキャラクター「リーナちゃん」です。

閉じる

踊りのレッスンは、単に身体能力を高めたり踊りの技術を身に付けたりするためだけではありません。日頃のレッスンを通して、子どもの精神面での発育を促す取り組みも大切にしています。例えば、普段の地味なレッスンを地道にこなすことは、集中力養成に繋がります。また、一見優雅に見える踊りでも、トウシューズを履いてのレッスンは足がボロボロになるほど過酷な練習が求められますので、耐え忍ぶ忍耐力が身に付きます。何事もすぐに諦めない強い心が育ちます。
そのほかに、仲間とともに一つの作品を作り上げる協調性、恥ずかしがらずに舞台に立ち人前に立って踊る積極性、芸術としての美しさを追求する向上心なども育まれます。これらは、子どもの心の成長に欠かせないキーワードです。豊かな心と強い心を育てたいとお考えでしたら、お子さんの習い事としていかがでしょうか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。